ドイツの文化をご紹介:Barbaratag「聖バルバラの日」

ドイツの文化 四季・行事

グーテンアーベント

12月に入り、本格的にクリスマスシーズンが始まりましたね(⌒▽⌒)
クリスマスはどこか心踊る印象を持ちますが、皆さんはいかがでしょうか?

さて、本日12月4日!ドイツでは「聖バーバラの日」と言う記念日なのですが、ご存知ですか?
キリスト教の一聖人「バーバラ」にちなんだ日で、彼女の身に起きた話から、伝統的にサクラまたはリンゴの木から
枝を切り、クリスマスイブまで花瓶に挿す風習があります。その枝が開花したら、新年に幸運をもたらすと言われています。

バーバラは、鉱夫、消防士、石工、大工、などの守護聖人と見なされています。

元の記事はコチラ←←←

皆さんにも、いろんな幸せがありますように

(写真リンク:https://hanaha09.exblog.jp/28933827/

参照:

関連記事