どっちの辞書でショー

おすすめの学習法

Duden vs. Langenscheidt

Langenscheidt Grosswoerterbuch Deutsch als Fremdsprache
黄色い表紙に、青字でLのデザインがおしゃれな独独辞典ベストセラー。 ドイツで、ドイツ語クラスの生徒の半分は、これにお世話になっています。 独和以外の外国語バージョンも揃っていて、外国のみんなはこれを使っています。だから、机の上がまっ黄色、なんてこともしばしば。

Langenscheidt Grosswoerterbuch Deutsch als Fremdsprache
黄色い表紙に、青字でLのデザインがおしゃれな独独辞典ベストセラー。 ドイツで、ドイツ語クラスの生徒の半分は、これにお世話になっています。 独和以外の外国語バージョンも揃っていて、外国のみんなはこれを使っています。だから、机の上がまっ黄色、なんてこともしばしば。

Duden. Deutsch Als Fremdsprache. Standardworterbuch
こちらはドイツ語界の大御所、日本で言うなら広辞苑的存在のDUDEN。ドイツの一般家庭には必ず一冊あるみたいです。普通のドイツ語辞典以外に、専門系のドイツ語辞典も網羅し、ドイツ語といえばDUDEN、というのはドイツでは常識のようですね。新しいドイツ語の単語、たとえば
downloaden(ダウンロードする)
chatten(チャットする)
googlen(ググる)
klicken(クリックする)
といった言葉たちも、DUDENに登録されて市民権を得る、らしいですよ。

どちらも人気があって、シェアも半々、どちらがいいか迷っちゃいますね。独独辞典をすでにお持ちの方って、どちらをお持ちなのでしょう?
ちなみに僕はLangenscheidtです。

関連記事