アウトバーンの歴史

ドイツの文化

(C)wikipedia

(C)wikipedia

ドイツと言えば代表するものは自動車だけではなく、その一つにアウトバーン(Autobahn)が有ります。

アウトバーンとはドイツが誇る高速自動車道路です。ところがこのアウトバーンは国民にとっては皮肉にもあのヒトラーの遺産とも言える物なのです。アウトバーンはヒトラーが1933年に首相に就任した時に当時の多大な失業者対策として職場を与える為にドイツ全土で建設が始められました。勿論軍事目的で軍用車両の移動という目的も有ったようです。また幾つかの場所では飛行機が離着陸できるよう設計されていたそうです。

(C)wikipedia

アウトバーンのマーク (C)wikipedia

ところでこのヒトラーですがドイツでは戦争犯罪人として国民の最大の恥と考えられております。ですからドイツではヒトラーの名は禁句です。”Heil Hitler ハイルヒトラー”(ヒトラー万歳)これは対戦中の挨拶ですがこんな言葉を冗談でも口にするとその人の人間性を疑われてその場の雰囲気が非常に悪くなりますので気を付けてください。ドイツ人の最も聞きたくない言葉です。

話を元に戻しますとこのアウトバーンは一般自動車は無料で利用でき自由に一般道路から高速道路に入れ、また自由に降りられます。ちなみに市内に近い所は速度制限が有りますが(100キロとか80キロ)それ以外は制限速度も有りませんので一番左の斜線は速度200キロ以上で走る車もまれでは有りません。これは新幹線なみのスピードです。従いまして国内移動は時間も費用も列車を使うより安上がりで便利なので頻繁に利用されています。

皆様もドイツに行く機会が有りましたら ポルシェ、ベンツや BMWで一度走ってみてください。ベンツやBMWはレンタカーでもさほど高くは有りません。ただし運転には気をつけてくださいね、右側通行です。

スタッフ 新田

アウトバーン関連のドイツ語いろいろ
Einfahrt 入口
Ausfahrt 出口
Raststätte サービスエリア
Autobahkreuz ジャンクション
notrufsäule 緊急公衆電話

関連記事