日独交流で生まれた「ドイツ鯉」を知っていますか?

ドイツの文化

日本が誇る錦鯉ですが今や世界中に輸出されています。
ビニール袋に背びれが見えるぐらい水を入れ、そこへ酸素を目一杯注入して空輸で運びます。35時間ぐらいは問題なく生きています。

ところで日本では江戸時代ぐらいから錦鯉の品種がなされていたとのことです。元々鉄真鯉という鯉の品種が今の錦鯉です。その品種の数も何十種類と有ります。実はその中にドイツ鯉というのが存在します。


オレンジ色の鯉がドイツ孔雀

日本では鏡鯉と呼ばれる物ですが背中とお腹に1列に大きな鱗が有るだけでその他の部分はマシュマロのような柔らかい肌を持った鯉です。
この鯉は明治38年にミュンヘンのある研究所から食用鯉として40匹が日本に贈呈されました。その内2匹は養殖場に引き取られ品種の改良が重ねられてドイツ錦鯉が誕生致しました。

今ではすべての種類にドイツ鯉が存在します。例えば赤と白の模様だけの錦鯉を紅白と名付けられていますが同じものでドイツ製はドイツ紅白と呼ばれています。ドイツ三色、ドイツ白写り、ドイツ黄金などすべてにドイツの名が付きます。ちなみに紅白、三色、白写り、黄金などは業界ではそのままドイツ語として通じます。

今度お寺や高級レストランの日本庭園の池の鯉を見る機会がございましたらドイツ鯉と日本の錦鯉との違いを一度見比べて見てください。
どちらも日本を代表する素晴らしい錦鯉たちです。

スタッフ 新田

関連記事