食事は静かに食べ、鼻は大きく音を立てて擤む

ドイツの文化

日本とドイツでは生活における慣習の違いが幾つかあります。

ドイツで生活を始めてまず驚くことはドイツ人が所構わず鼻を擤むことです。それも大きな音を立てて擤みます。食事中であろうが電車の中であろうがおかまい無しです。日本人から見れば考えられないことですが彼らにとっては人前で鼻をすする方が失礼と考えるようです。
日本人が鼻を擤むのは恐らくトイレの中とか人のいない所だと思います。

そのくせドイツ人は物を食べる時に音を立ててすすることを大変嫌います。日本人にとってはうどんや熱いお茶を飲む時にすすって音を立て美味しさを表現する慣習がありますがドイツでは絶対にしないようお勧めします。ドイツ人の前ではお茶漬けもダメですよ。

ドイツ人にとってはうどんをすするのも鼻をすするのも同じ感覚なのでしょう。

またこれとは別の慣習で、私個人としては非常に良いと思うのですがドイツ人はエレベーターの乗り降りやドアーの出入りの際には必ず横にいる人を優先して自分は後からという行為です。お互いに譲り合う場面もしばしば見かけます。特に男性は女性に対しては100%そうします。エレベーターの乗り降りには必ず挨拶をしあいます。

入る時には GutenTag 出る時には Auf Wiedersehen です。また乗っている人たちでスモールトークが始まります。 黙って出入りし、無言でエレベーターのなかにいる日本人とは全く違っています。

このような違いはまだ他にも幾つかありますが、前もって知っておけば恥をかかずに済みますね。

スタッフ 新田

関連記事